社員一人ひとりが、誇りと生きがいを持って仕事に取り組むことができる企業

 当社は、1993年創立の社員数わずか数名のソフトウエア開発会社。
代表の私を含めて一生開発をしていたい、エンジニアの仕事が大好人間の集まりです。

 企業生存率で、創業20年後の生存率0.4%といわれている中、当社が生き続けているわけは、
一つ一つ積み重ねた仕事の結果を、お客様が評価して下さり信用に繋がったおかげです。


 創業時に前職の関係で大手SIベンダーより声を掛けていただいたのをきっかけに、
鉄道系企業の通信系システム開発に参画させていただきました。

 システムの開発が終わり、SIベンダーの社員は自社へ戻りましたが、私はSIベンダーの
親会社である大手ITベンダーに残り、引き続きサービス開始に向けたシステムの端末展開
およびシステム改善にあたり。
 システムの端末展開では、当社の社員が関東、東北を飛び回り問題の発見、解決に努力して
くれた事は、今も忘れられません。

 その結果、当社が任されたシステム以外のシステム保守、当初開発したシステムの
リプレース等の実績を積み重て、新規システムの開発を受注するまでに至っています。

 当時、今とは違い労働環境は良くなく、ピーク時の徹夜、休日出勤は当たり前でしたが、
発注元のSIベンダーが多くの裁量権を与えられたおかげで、誇りとやりがいを持って仕事が
できたのだと思います。

 裁量権を持つことで、仕事はきついだけではなく、楽しい・面白いと感じられると思います。

 当社の経営理念
社員一人ひとりが、誇りと生きがいを持って仕事に取り組むことができる企業
とは、自分が好であるエンジニア職で自己実現を手に入れらる裁量を与えることです。

 誇りと生きがいを持って仕事に取り組むことが、ひいてはお客様の利益に繋がるものと
信じています。


アタックス株式会社 代表取締役 阿多孝一